2005年07月03日

なんかやらんにゃ

優しさと奇蹟の調べ〜磯村康幸ピアノコンサート
&映画「四日間の奇蹟」スペシャルトーク
(6月13日 参照)
を見てましたよ!!あの場にいましたよ! と
お客さんに言われた。
その話で盛り上がった。


Aさん「あのコンサートでお手伝いされてたでしょう。」
   「あのコンサート良かったですな!久々に感動しました。」
    
P  「私も 横で見ていて、映画そのもので感動でした」

Aさん「特に 最後のアンコール・手拍子 感動コンサートでしたね」
   「あの時 思ったんですよ。このまま じゃいけん」
   「なんかやらんにゃ!」と。

このAさん:保育園の保母さんでゲンキ印の方。
あるときはピエロのなって、子供たちと遊んでいる。
あるときは手品で… 
今回は「皿回し」を買って帰られた。
いつも元気を頂く。



ダウン症で天才的ピアノ演奏者磯村康幸氏。
「四日間の奇蹟」のモデルのなった方。
コンサート終了後、監督のトークショーをご覧になってた。
いい笑顔でした。

今でも鮮明に思い出される。

なんかやらんにゃ。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rentax801206/27007848
この記事へのコメント
私もあの場にいました。よかったですね。
あの雰囲気は最高でした。
一生の財産ですと「四日間の奇跡」大切な映画となりました。
素敵でした。Aさんも素敵ですね。

Posted by ヒロポン at 2005年07月03日 20:28
ヒロポンさんも いらしてたんですね。
ありがとうございます。
あの雰囲気はいた人でないと感じられませんネ。
ライブの空気・気持ちが感じられる空間でした。
この感覚を大切のしたいですね。

Aさん 素敵です。
いつも元気をいただきます。

Posted by Pちゃん at 2005年07月04日 08:09