2005年07月28日

少年時代

井上陽水「少年時代」。夏休みにはピッタリの曲。

運転中にふと しゅうなんFMからこの歌がリクエストで流れた。

そのとき 横も見ると
少年(4・5年生ぐらいだろうか)が水筒を
首からかけて、一生懸命走っていた。

曲と見事に一致した。
一瞬 彼の汗が見えるようだった。

夏は始まったばかりだが…

  夏が過ぎ 風あざみ
  だれの憧れにさまよう
  青空に残された 私の心は夏もよう
  夢が覚め夜の中 長い冬が
  窓を閉じて 呼びかけたままで
  夢はつまり 想い出の後先(アトサキ)
  夏祭り 宵かがり 胸の高鳴りに合わせて
  八月は 夢花火 私の心は夏もよう
  Mu Mu Mu Mu Mu--- Mu

いつ聞いても陽水はいい。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rentax801206/29108507