2005年08月30日

国民文化祭 おひろめ☆たい志 大集合!(序)

ツリーまつりの時もそうだが、あの舞台から醒めて日常生活に戻るには日数がかかる。
余韻を楽しみながら整理してみたい。

1幕(序:舞台の開演)

・2月 
阿知須サンパークにて周南ジャグリングクラブ2人でパフォーマンス。
これは準備室からの声がかかり、いつものようにPちゃんとマッシー。
・5月 ふとしたことから始まった話。
600日前イベントで独楽助さんとかかかさんがパフォーマンスをされたのを観たのが始めてだった。かかかさんとはメールでのご挨拶程度で、それまでお会いした事は無い。

「一緒に何かできないかな! わ〜〜と盛り上がりたいね!」とメールだけのやり取り。
5月22日 光まつりにて国民文化祭のPRをされるというので、「かかかの清水さんはどなたですか?」とお逢いしたのが始めて。独楽助さんは以前から知ってたのでまず3人のスタート。ホール会場と商業施設が一緒になっているザ・モール周南さんは全国でも珍しい。打診するとご協力いただけるとの返事。それからは早かった。
早速 全体骨子が決まった。各団体いつもの格好で(活動する姿:ピエロ・よさこい・舞踊・ダンス等)決起大会をし、その後 ショッピングエリアで各種パフォーマンスを展開。
県の準備室からもGOがかかった。徐々に大きなイベントになり、3人では到底実施できない。
周南市・下松市・光市ならびに各教育委員会に伺い主旨を話しお願いしたり、個人的にもお願いできそうな方に直接伺って参加を促した。実行委員会10以上を目標に、皆が役割分担できるように協力者、賛同者を増やした。最終的に17団体となったのが6月中ごろ。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rentax801206/30830251