2005年08月31日

国民文化祭 おひろめ☆たい志 大集合!(破)

2幕(破:展開)
段取り・調整 これが大変だった。

当初 スターピア大ホールもパフォーマンス会場として案内していたが、諸事情で決起大会のみとした。
これから修正調整が始まる。それといかに会場全体1000人に集まっていただけるか。
スムーズにパフォーマンス展示が展開できるか。いままで色んなイベントで一緒にやってきた大橋君に舞台監督役をお願いした。
ご当地 下松市に関する催事を多く携わってきているし、文化関係の団体さんに詳しい。全く知らない私より話が早い。さらにパフォーマンス会場(中央広場・海の広場)は任せられる人にお任せしたい。いままでツリーまつりで委員として一緒にやってきた中村君頼む。少しは頭の整理ができた。
ただ他に細かい事が多くある。おひろめ☆たい志登録500団体への案内等の諸業務は県の準備室にお願いした。
やはり地元の方々のご協力が無いと盛り上がらない。
7月7日に開催される恒例の777コンサート地元下松の文化関係の方々が多く集まる。スターピア下松 政元事務局長にお願いしてその場で多くの方々をご紹介いただいた。今となってはここでのご挨拶が助かった。
やはり 地元の方々のご支援は不可欠。
8月5日 下松市長に表敬訪問 いままでお付で挨拶に伺ったことはあるが、代表として訪問するのは初めて。政元事務局長・相本さん(よさこい松笑連でもあり、実行委員でもあり、市の職員さんでもある)にご同行いただいた。
数日後 伝わってるはずの話が実は何も伝わってないことが判った。(9日のブログ)
「今からすぐ伺って説明いたします。」と何事もさておき急行した。ゼロからの説明、途中なぜか虚しさがこみ上げてきた。悔しさもこみ上げてきた。自主活動でここまでしないと、こんな想いをしないといけないのかとも思った。ただ その翌日 その方からいい返事をいただいたのは嬉しかった。
決起大会ウェルカムコンサートの全体像:近郊4吹奏楽団の合同コンサートの案がでた。これはインパクトがある。
決起大会・海の広場舞台進行監督担当の大橋君が点滴を要する病気が判明。さらに他のイベントも関わっていて手が回らない、盆をはさんで調整が必要な時期だが思うように進まなくなった。他の調整事項も多く、皆 手が回らない。本業の仕事もピークの時である。
ここで同じく色んなイベント毎で一緒にやってる赤星君に協力要請。2週間前からの合流だがこれは心強い。
これから 細かいことがいろいろなことが発生する、特に本番前になればなるど出てくる。
ここに来るとほぼ毎日打ち合わせ。
中央広場 展示関係の調整はほぼ終了。
ただ 一番メインの決起大会 舞台監督との調整が取れない。大筋はできていたが、詳細の部分が残っている。飲み物等いつ何処に持ってきてもらうか。いつ払うか。電源は確保できているか。申請はOKか。業者さんはいつ搬入か。来賓のお迎えは。等 最終確認が要る。
前日 展示を任せていたK君の家族に不幸があった。当日が葬儀となった。急遽 他の人に引継ぎ。
今回 首長が4名(県知事・近郊3市長)お見えになる。ただここに来てくださいだけではない。服装・駐車場・控室・等結構詳細が必要らしい。すべてご存知な相本さんにすべてお任せしてすっごく助かる。
県の推進室室長さんが直々に関係各所にあいさつ回りをされた、同行させていただいたが強力な支援となった。
前日の設営。
パフォーマンス会場(海・星・森の広場)図面に落としていなく、判っているのは私だけ状態。ここにあれがあって取りに行って、あれをあそこにこのようにセットして…結局一つずつ支持しながらに作業になった。次はスターピア大ホール・反響版・ひな壇と今度は舞台屋さんの指示で皆が動く。結構原始的な組み立てもある。金槌でクギうちやテープはり… ふと思った「これって ほんとに手作りの文化祭ですね!」皆が笑った。同感!!
いよいよ 本番当日に

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rentax801206/30862429
この記事へのコメント
Pちゃん、凄いです。こんなにハードな行事だったのですね。なんの行事もおんなじですが見えない部分の苦労、本当に大変です。お疲れ様でした。

それにしてもPちゃん皆勤賞(ブログ更新)ですね。すごい!
Posted by ねこまる at 2005年08月31日 21:28